空 物語 。。。☆彡 Ahn Jae Wook

2014年10月

2014年10月26日(日)

この日の公演は、午後6時からです。

デパートでお買い物がしたいと希望があり、特に行きたいところがなかったのでショッピングのお付き合いです。

(あぁ。。。野球のことを知っていたら・・・

日曜日は車も少ないので、タクシーで明洞のロッテデパートへ行き、明洞のお粥屋さんで「アワビ粥」を頂き、会場に向けタクシーで出発です

タクシーの中から写したどこかのビルの看板

DSC01176

隣接のデパートでショッピングのお付き合い後、

ジェウクさんをお迎えするために7階に移動です

少ししてジェウクさんが。。。

BlogPaint

あっ ズームにしなくちゃ~

わっ



間に合わなくて

BlogPaint

しかも・・・ボケてるって、マネジャーさん

気持ちを落ち着かせて。。。

BlogPaint

短い瞬間だったけど。。。

私の頭と気持ちには。。。

色々なことが~

でも~

私のカメラに ニコッ

この日の座席は、前日とは反対の左側です。

友人4名と並び席が取れず

私一人は、Aブロックの通路側です。

右側の席は、アンルドルフの表情がよく見えましたが、

左側はアンルドルフの横顔や後ろ姿が多く・・・

私は・・・アンルドルフの向こうを見てしまい

舞台横を忙しく動くスタッフさんが見えてしまいました・・・

素敵に舞台横に消えたアンルドルフが・・・

「いけないわ 集中しなくちゃ

自分に言い聞かせ。。。

最後のシーン。。。

舞い降る雪が・・・

大きい








違った意味で観た舞台

これも思い出として。。。

やはりお見送りのため

日曜日で韓国ファンも多く

日本公式のツアーと重なって・・・更に・・・人が多く

場所を確保しても背の高い韓国ファンが・・・

横から

動画を切り取って写真にしたけれど・・・

これも思い出記念に

20141026211650 (2)

20141026211650 (3)

20141026211650 (4)

BlogPaint

素敵な 素敵な

アンルドルフ

ありがとう~!!

楽しくて嬉しくて幸せな時間が。。。

終わりを告げました。。。





ちょっと迷ってホテルの玄関に出てしまいました。

そこへ地下駐車場から

あのマネジャーさんが歩いて?歩いて?出てきました。

ジェウクさんは・・・もう、帰ったとのことでした。

お疲れ様でした~





ジェウクさん!!ありがとう~!!

ジェウクさんのその後の体調がとても気になりネットの中を色々検索していますが、

詳細のわかる記事を見つけられず・・・

心配ですが。。。Ⅲに移りたいと思います

DSC01152

DSC01153

入り待ちでは緊張のあまりカメラを向けられませんでしたが

せめてジェウクさんが通りすぎた後の階段で素敵な姿をパチリ

BlogPaint

BlogPaint


Bzjn7roCQAATnAv

会場に入り、懐かしい幕を見て急に胸キュン~

座席は中央のBブロックですが右の通路側です。

少し右から舞台を観ることになり、アンルドルフが柱(?)のところで座るシーン・ベンチに座るシーンなどは目の前にジェウクさんがいます

目が合っているような~恐ろしい錯覚までしてしまう~ そんな席です

アンルドルフの表情が目前です

すっかり感情移入をしてしまい。。。

やはり大切な最後のシーンでは。。。大泣きをしてしまいました。。。

今回は 汽車の去った駅のシーンから。。。ジーンと。。。

やはり。。。『皇太子ルドルフ』はジェウクさんのためにあるミュージカルと思っても

感激が覚める間もなく出待ちの場所に

またまた前列に並ぶことができましたが、広くないスペースのためジェウクさんが目の前を通り

一瞬目が合ったような~ちらっと見てくれたような~

一緒に行った友人は握手をして頂いて大喜び

いいなぁ~。。。

興奮で熱くなったままの私達は、また地下鉄に乗りソウル駅まで行き、

ロッテマートに寄りお土産などの調達を終え、東大門のホテルまでタクシーで帰りました

眠らない街「東大門」までホテルからゆっくり歩いて10分位でしょうか・・・

たくさんの屋台のお店が並び、たくさんの人であふれています

なにやら。。。ライブも。。。

DSC01161

DSC01160

DSC01159

初めての東大門は明洞や南大門とも違う雰囲気で若い人が多く感じます。

疲れていたのでしょうか。。。夕食だけ摂りホテルに戻り

             ダウン




 







韓国の公式にEA&Cからの発表がありました。

ジェウクさんの健康上の理由で、本日(10月30日20時~)の公演が中止になったそうです。

皮膚のアレルギーで顔にたくさんの発疹ができルドルフを演じることが困難な状況とのこと。。。

当然、ジェウクさんは舞台に上がる気持ちでしたが、関係者の説得の末に納得され決断されました。

ジェウクさんの性格・・・きっと辛い気持ちだとは思いますが、無理をせず中止の決定をなさったジェウクさんの勇気を、私は称えたいと思います。

突然の発疹とは・・・いったい原因は何なのかしら・・・

どうか、無理をせずに治して元気にまた舞台に立って欲しいと希望します。

ジェウクさんの健康を切に祈ります!

尚、代役はイム・テギョンさんです。

イム・テギョンさん。。。優しいかたです。。。






2014年10月25日(土)

1年10ヵ月ぶりに会うアンルドルフです

その間、本当にたくさんのことがありすぎました。。。

そして迎えた今日という日です

どんなに嬉しく思い、感謝の気持ちであふれているか。。。

ガイドさんからの情報で、土曜日は地下鉄で行ったほうが確実とのことで、ホテルからシャトルバスでソウル駅に行き、そして1号線に乗り会場まで行くことになりました。

昨夜到着が遅かったので、入り待ちは諦めてゆっくりホテルを出ることにしました

そして昨日、体調が悪くなった友は、朝には顔色も良くすっかり元気になり安心

本当に良かった~

午前10時半にホテルを出て、11時ソウル駅に到着です。

やはり道路は混雑しています

と、思ったら混雑しているのは車だけではありません

ソウル駅は人・人・人~

親切なアジョシに道を尋ね地下鉄1号線に乗り「新道林駅」に到着です

1番出口を出ると、ルドルフのポスターがありその方向に進むと会場にたどり着くことができました。

動画でアップされている風景に、数人の人だかりです。

聞いてみると。。。まだジェウクさんが到着していないとのことです

公演3時間前を切りましたが・・渋滞かしら~

などと思っていると。。。マネジャーさんが

そして~目の前を通るジェウクさんに。。。どうしてもカメラを構えることができず

肉眼でしっかりとジェウクさんに見惚れ、心のシャッターを切りました~

        

紺色のセーターが素敵なジェウクさんが~

上品で形の良いヘアースタイル

60cm位の距離です 気絶しそう~~~~

なんてラッキーなのでしょう~

雨や「荒らし」に負けずに頑張ったご褒美かしら~。。。

            ジェウクさんの写真は撮れなかったので会場を・・・

DSC01148

DSC01149

DSC01150



DSC01154

DSC01155

DSC01156


会場では何人かの顔見知りの方々と出会い

再会を喜び

そして。。。

このブログの大切なお客様のLさんにお声をかけて頂き、ご挨拶ができたことに感謝いたします。

Lさんは素敵な女性です

うふ

こちらのブログのお客様は素敵なかたばかり

ありがとうございます

 



。。。後日。。。Ⅲへ

2014年10月24日(金)。。。

待ちに待った 愛しのアンルドルフに会いに行く日になりました

10月で一番混んでいる週末とのことですが、夜間出発のためか羽田国際線ロビーは閑散としています。

私達のハートマークの熱気だけ。。。

今回は、東京・広島・茨城・北海道の私の4名の参加です

やはりANAは安心でき、機内食も美味しいです

往路の機内は一番嬉しいひと時です

定刻通りに金浦に到着し、センイルとコンサートの帰り台風で帰られないところ、奔走してくださったガイドさんと再会し、喜び合い、東大門にあるホテルに到着したのは、日付が変わっていました

ガイドさん、夜中までありがとう~

到着間近に具合が悪くなった友が心配だったけれど、一晩様子を見て朝に病院へ行くかどうか判断することにして各自の部屋へ。。。

心配しながらも・・・・・午前2時半には眠りにつきました

201410101415214424_1


明日、待ってるよ~

と、

言われているような。。。



芸能人野球団チェミサマと女子の野球チームの特別なイベントの試合が26日「ザ·ブリリアント·ベースボール· クラシック 2014(2014 The Brilliant Baseball Classic)」のポストシーズンの決勝戦が開かれた新月球場で開かれた。

201410261332775891_544c7a0bd4520

せっかくソウルにいたのに。。。

ジェウクさんが野球をしている時・・・

私達はデパートでショッピング・・・

なんて馬鹿な私達

でも。。。

素敵な 素敵な ルドルフに会えたから・・・




B0W7YA5CQAAnTY6


画像は、「韓劇.com」より

パスポートケース

ちょうど、ボロボロになったから嬉しい~

買って来よう~


ミュージカル「皇太子ルドルフ」初演よりも質・ストーリー構成・タンゴのリズムで展開したタフェー-ラリッシュとの新鮮なルドルフ、アン·ジェウクの演技·歌唱力はやはり絶品

20141013110415_543b331f7138e_1



2012年の初演よりも確実に面白く見た。初演はなんだか政治劇と愛情劇中で行ったり来たりした感じだったが、今回の舞台は、焦点がぴったりしている。一部表現すると「愛は死よりも力が強い」と、いうことだ。政治も愛も、最終的には人がする仕事である。人は拒否することができない本能の支配を受ける。男は愛する女性のために何でもしたいと思い、どのようにもなる。好きな女性の前では「世界で最も素敵な男」であり、欲望は初めの人以来、一度も否定された事がないだろう。それは政治にも、血も倒すことができない本能である。さらに死さえもそうだ。王子ルドルフ(アン·ジェウク)は、恋人マリーベチャラ(チェ·ヒョンジュ)から勇気を得る。彼は皇帝の父の意志に逆らってハンガリーの王位に登ろうと、結局すべてを失うことになる。作品のあちこちには、これらの恋人の悲劇的な最後を暗示する「類型」があちこちにばらまかれている。マリーベチャラの台詞「一日一日少しずつ死んでいくよりは、一度にすべてを終えることがよりよいこともある」が代表的である。選択の岐路に立ったルドルフは、。バーで拳銃を抜いて持ち上げる。ルドルフとマリーのアイススケート場のシーンは、いつ見ても甘い。しかしシーンを挙げろと言うならタフェー首相(チェ·ミンチョル)とラリッシュ伯爵夫人が対立する場面である。タフェー首相と彼の昔の恋人とラリッシュ伯爵夫人の火花散る対決シーンを強烈なタンゴのリズムで展開した考えが新鮮である。タフェー首相とマリとの対決はより鋭敏である。愛がどのように女性を強くすることができるかを如実に示すの名場面である。チェ·ヒョンジュはマリ・ベチャラと非常によく似合って見える。美しく品がありながらも正義感を持った強い女性である。この場面はラリッシュ伯爵夫人というキャラクターを一気に主演級まで引き上げる。この作品に登場する配役の中で最も現実的でありながら、中立的な考えを持っている人物である。さすが悪役タフェー首相が恋に落ちるほどの女性である。「悪女」のみ見えていた皇太子妃に「同情」の服を着ることに成功した。マリと大聖堂で出会う場面で皇太子妃は、「妥当な怒り」をマリに炸裂。初演からルドルフに出演しているアン·ジェウクの演技も印象的だった。彼の歌は「歌も演技」ということを今一度考えさせられるほどだ。アン·ジェウクの公演の日には、客席に日本の観客が多数目立つ。カーテンコールでアン·ジェウクが登場すると、肩を振って「可愛く踊り」を踊った日本の中年女性の観客が記憶に残 こる。最後のシーンは、長い長い残像を残す。舞台に残った二人がベッドに上がると照明が消える。やがて響く二発の不気味な銃声。再び照明が灯ると、二人がベッドに倒れている。やがてルドルフの腕がぽつりと落ちる。「私の男のために、私の女性のために私は何ができるのか」と尋ねる。すさまじくて痛々しく残酷な愛を、私たちは果たして耐え忍ぶことができるのだろうか。世の中に平凡な人生がないように、平凡な愛もない。

ヤンヒョンモ記者
ranbi@donga.com Twitterの@ ranbi361



ファンにとって、こんな嬉しい記事は。。。どんなに嬉しくあり 感謝の思いであり。。。

言い尽くせない喜びです

昨年の。。。あの場面、場面が浮かんできます。。。

今年は昨年を超す演技と歌唱力を披露してくれるジェウクさん!

私も、カーテンコールで「可愛く踊り」を~


「空 物語」の大切なお客様のNNSさんより、嬉しい情報を頂きました~

いつもありがとうございます

その情報とは、「韓劇.com」で『皇太子ルドルフ』のパンフレット等を取り扱っています

現在公演中のものならOKのようです

確かに パンフレットは会場で購入するだけでしたが

嬉しい情報をありがとうございました~

ru-22
BlogPaint



このページのトップヘ