空 物語 。。。☆彡 Ahn Jae Wook

2016年11月

insuta11-30


創作ミュージカル#musical
よりアンダードッグopen応援します大学路ユニフレックス1キム・ジュンヒョンギムボプレチョン・チャンウキム・ジェマンチョン・ジェウンファイティング^^~~~アン・ジェウクjableインターパーク)


insuta11-28


musicalミュージカル英雄1ticketopeninterparkインターパーク安重根
アン・ジェウク前売り頼みます^^~~)



ジェイブルエンターテイメントよりお知らせ。。。

ミュージカル「英雄」の前売りが開始されました。

インターパークにて。。。

[Foreigner Reservation Click]

[公演タイトル]ミュージカル「英雄」/ MUSICAL

【観覧年齢]満7歳以上

[公演時間]160分

[公演期間]2017.01.18。〜2017.02.26。

【作品解説】世界になかった感動!ミュージカル「英雄」。英雄が恋しくなる時代、真の英雄を会え!

[公演場所]世宗文化会館大劇場(Map Click)


20161128024842i







続きを読む

アン・ジェウク、シンガポール雑誌の表紙飾る...元祖韓流天王の威厳

アン・ジェウク、シンガポール雑誌の表紙飾る。コンセプトは韓流天王

アン・ジェウクシンガポール雑誌の表紙飾り、韓流天王カリスマ

元祖韓流天王"...アン・ジェウク、シンガポール雑誌の表紙飾り

「韓流1世代」アン・ジェウク、シンガポール雑誌の表紙モデル飾り

1480284255180157


俳優アン・ジェウクが、シンガポールの雑誌の表紙を飾った。

アン・ジェウクが表紙モデルに出た雑誌U-weeklyはシンガポールSingapore Press Holdings(SPH)国営メディアグループで、毎週8万部が発行されている中国の雑誌。最近では俳優パク・ヘジン、イ・ヨンエとソン・スンホン、チ・ジニ、リュ・ジュンヨルなどをインタビューした人気芸能雑誌だ。

U-weeklyと一緒に「韓流天王」というコンセプトを見せてくれた今回の写真は、柔らかいながらも情熱的な姿のアン・ジェウクと彼の話が盛り込まれている。撮影中特有の柔らかさを失うことなく、一層深くなった眼差しで写真集の完成度を高めたアン・ジェウクは俳優としての歳月が深めた思いと眼差し、そして余裕のある姿で現場スタッフらの感心をかもし出した。続いて行われたインタビューでは、長い時間の間一緒にいるファンへの愛情、そして人生の2幕を開けた所感を伝えた。

U-weekly関係者は「アン・ジェウクは、90年代から現在までの様々な作品を通じて大衆認知度を高めた。休むことなく活動してきた彼が、なぜ後輩たちの手本に数えられるかを知った楽しい撮影だった」と伝えた。

アン・ジェウクはミュージカル「英雄」の安重根役にキャスティングされ2017年1月18日、ソウル鍾路区光化門世宗文化会館大劇場で観客を見つける予定である。


insta11-27


(チェミサマseason最後のゲーム
すべてお疲れ様アン・ジェウク^^~~~)



ソウル現在(11時29分)気温は7℃

寒くなりましたね~^^;

怪我のないように。。。

楽しんでください~


「子供が5'ソ・ユジン・アン・ジェウク、演劇・ミュージカルの舞台に上がる


子供が5'から再婚夫婦で呼吸を合わせた俳優ソ・ユジンアン・ジェウクが2017年の新年には、それぞれ演劇ミュージカルの舞台で観客に会う。

ソ・ユジンコメディ演劇強力な笑いをプレゼントするならアン・ジェウクこの時代の英雄再照明するミュージカルで深い感動伝える予定だ

ソ・ユジンチャン・ジン監督コメディ演劇「秘密選択した今月29日に幕を上げる秘密、すでに4万人の観客興行力検証受けた作品イタリア小さな町を背景に保険金を得るために、それぞれ変装した四人のおばさんハプニング描いた高品位コメディ物である

特に「花の秘密」は、絶え間ない状況コメディ、期待を斜めに行く大使、真剣なのに面白いコミカルさ、キャラクターの内面まで繊細に表現した「ジャンジンシクコメディ」で観客を一瞬のうちに武装解除させる。

特にソ・ユジンは、劇中の上腕二頭筋の太い配達人とサムを楽しむ美貌担当モニカ役を務める。他にもペ・ジョンオク、イ・チョンアなどがソ・ユジンと一緒に呼吸を合わせる。

アン・ジェウクは、安重根義士の義挙を盛り込んだミュージカル「英雄」でタイトルロール安重根役を務める。今年で七回目のシーズンを迎えたミュージカル「英雄」は、英雄が恋しくなる時代、大韓民国が生んだ真の英雄を再び振り返る作品に関心を集める。

アン・ジェウクは、製作会社エイコムの長年にわたるこだわりの末、初めて安重根役を演じて舞台に上がる。 2017年1月に開幕するミュージカル「英雄」でアン・ジェウクは揺れて苦悩する普通の「人間安重根」の姿と大韓民国最高の英雄として尊敬される「医師安重根」の強靭な姿と深い哲学を遺憾なく見せてくれる予定だ。

一方演劇「秘密は、1129から20172までに大学路大明文化工場1館で公演されるミュージカル「英雄」は、2017118から226まで世宗文化会館大劇場で披露する

1479951198351_1_103340



アン・ジェウク「結婚後の安定、肉体的・精神的に疲れたくない」


俳優アン・ジェウクは、第1世代の韓流スターでブラウン管とミュージカルの舞台で活発に活動してきた。 22年目の俳優であるだけに、様々な作品に出演し、韓流スターとして多方面で対外的な活動をしてファンたちに会った。

しかし、仕事に没頭したためなのか、彼の結婚のニュースはなかなか聞くことはなかった。しかし、ミュージカル「皇太子ルドルフ」でミュージカル俳優チェ・ヒョンジュに会ったアン・ジェウクは熱愛6ヶ月で昨年6月チェ・ヒョンジュと結婚した。各種放送を通じて妻の深い愛を表わして「妻バカ」のタイトルを得ることもしたアン・ジェウクは、今年2月に可愛い娘まで得た。

突然訪れた運命的な縁、一つの家庭の中で主人となったアン・ジェウクは現在、多くのことが変わった。同じ職業を持っている妻と一緒にする俳優としてアン・ジェウクはより堅くなり、愛する家族ができてアン・ジェウク、個人の生活の中でも、より幸せになった。

最近ジェイブルエンターテイメントを設立し、新たな挑戦をすることにしたアン・ジェウクはそのような家族のために、より良い人になろうとする。 「手遅れになる前に、私に多く投資して、より健康になろうとする」と話を切り出した。

201611211918201112_1

手遅れになる前に、レッスンも受けて運動も体系的に学ぼうとしている妻にも承諾受けたとても良い」と楽器運動などでもできるもののを操作してみたいと思います特にを作るには手遅れになる前にしようとしている私たちの赤ちゃんのためにより素敵なお父さんになるためには、運動しなければ大変らしいんですよ子供はずっと育っているのに、私も運動しながら健康的なパパになろうママ一緒に運動だ

アン・ジェウク、自分自身を鍛える理由は、妻と子供のために、自分が大きく変化したことを感じているから今でも「妻ともう少し早く会ったとすれば...と考え」と特有淡白な口調での愛誇示した


「事実私が、結婚ができなかった理由は、結婚する相手に会わなかったからです結婚をしないするとしたでもないんです実際、私は結婚して、個人的にはるかに多くのことをふと考えてみると、もう少し早く会って欲しい時間が多くなかったのかと思います。一人でいるときは知らなかったことをたくさん知ることなりましたよ

事実アン・ジェウクは‘運命的な愛を信じるの? 現実はそうではなくて’と話す周囲の人々の話に‘実際にアン・ジェウクは「運命的な愛を信じ?現実はそうではない」と言うの周りの人々の話に「あればあることで、なければないんだ」と答えてきた。本当の運命のようにチェ・ヒョンジュが検出されることはなかった。。

一目惚れしたのが事実です。毎日毎日見ていると、心臓がドキドキしました結婚するべきだと思うより、この逃したらいけないという考えが押し寄せました。どうしようもなくて告白したんですそのような場合表情に現れます悩んでいられなくて告白したんです。私の周りにはきれいな笑顔持っている人多かったが、妻笑顔は、確認触れ実際には今でも僕は、自分は健気積極的に息つく間もなく伝えたのです本当に見逃す恐れ切迫しましたよだから今では良いですね

チェ・ヒョンジュ結婚生活は、アン・ジェウク精神的にさらに安定させた「チュェブルリというニックネームがあるほど周囲でも愛されるチェ・ヒョンジュだからそんな生きるのが心地良くよりきれいによりよくしてあげたい気持ちである

アン・ジェウク私によくしてくれているように感じますかよりよくしたい」とし「だからストレスたまることがなく、安定している」と告白した


201611211918201112_2

責任を負うもの増えてきて多くのお金を得なければならないだろうし、あたふたすれば強迫観念追われるかもしれませんしかし、そのような雑多な考えしないようにしてくれるので、安定になりま何の心配がなく、ただ家いるのがとても楽ですそのため、精神的にも肉体的にも負けたくない弛みのある私は少し嫌いですね疲れ目に見えるようにした姿乱れた姿見せたくないかといって隙を示したいということではないのに疲れが難しく見えるまで、あえて見せる必要がないと思います疲れたらいけませんお互いを疲れさせてもならないのです"

長い時間一緒にしてきたファンも彼の疲れはいけないと思う原動力であるファンはあまりにも長い間された誰か応援してくれる人がいるということ自体が、私は仕事をすることができる原動力であると打ち明けた

「私を探す観客がいなければ、誰が私を使いますかいまだに応援してくれるか、とても感謝しています今回の「子供が5'そうです光と影」が終わって大きな手術もあり、事件あったが、久しぶりのドラマにもファンや視聴者の方々が好きでいてくださりありがとうございました事実、最近では、賞賛ただ賞賛だけで聞こうとしていないその賞賛私に後戻りすることなく、信頼にこたえという考えを持っていますの詳細については見つけるという考えも強く疲れずに継続していかなければならないですね"

201611211918201112_3


アン・ジェウク"差し出がましい方、それが主人公の役割でしょう"

俳優アン・ジェウクは、どこにでも美談聞かせてくれる特に後輩たちスタッフたちにアン・ジェウクは作品の雰囲気中心を取ってくれる良い仲間最近ジェイブルエンターテイメントを設立し、ひとつの挑戦開始したアン・ジェウク皆が応援する理由もこのためだ

ドラマの撮影現場でもミュージカル練習室でもアン・ジェウク役割は大きいアン・ジェウクがいる作品は、常に飲み会が後を絶たないという話が出るほどアン・ジェウクは先頭に立ってチームワークを確かめるのに最善を尽くしている

アン・ジェウク事実酒の席好む作品をすることになると、わざわざ酒の席多く作る」とし「最初はぎこちなくて経ってみると、とても良い時間だ」と口を開いた

酒の席わざわざ意識的に多く作り練習室でお疲れ様でしたこんにちはの挨拶だけ分けるよりも、そのような席一度や二度あればもう少し楽に近づけるんですよ演技する時、その呼吸を知っている私を信頼しているんだ私はこの人のためにより多く与えたいなど交流がありますそのようなことについて、もう少しお互いぎこちなさをなくすための席であるのです必ず飲み会が必要ではないが方法とすることだけですそうすれば大変なことのような話も理解することができお互いにお願いもして参考もできるのです

201611211917281119_1

実際にアン・ジェウクと一緒にした俳優たちは、一様にアン・ジェウク賞賛する作品をすることになると契約するまでは、混乱と混沌があり、契約した瞬間、私たちのチームと釘打ち込んでしまう」と明らかにしたアン・ジェウク「これ以上退くがなくこれ以上の肯定も否定もできない、チームであるため、より気を遣うようになる」とチームワーク重要性説明した

その中で跳ねる誰かされるように嫌いな人のいずれかです自分されて持ってすることができないとの認識が強いでしょうまで生き延びてきた理由は、私は何かしたというよりも、あえて私を中心にして見れば、私を取り囲んでいるがあまりにも優秀に支えてくれたからですだから私も一緒に生き残ったんでしょう「君達がどのようにしてもしまいが、私は存続することができるこれではないのですだからご飯を一緒食べることも重要です。差し出がましですか?

アン・ジェウクは自身に対して“差し出がましい方だ”と告白した。 “仕事をする間作品する時互いに問題が生じたポジショニングの友達がないようにスタッフ話もたくさんしたり解こうとしたりもする”と打ち明けた。

201611211917281119_2

ある程度の位置にあるときに、本人がすることが大変多いのが事実」とし「私はあちこち気を使っ時、「そのようなことまで気にしてくれればありがたいする主人公のタイトルそれがすべて含まれている役割である」と述べた

「そのようなものが、全体的に含まれていのですだから後輩たちの話もたくさん聞く方ですそれは少し大変ですどの職場でも社会や設定手順があり、後輩の立場では、実際には上の誰に言うのか容易ではないでしょうしかし、明らかにその時期が来るので普段からいくつかの気兼ねなくそのような雰囲気を作ると会話もっと友達みたいです

201611211917281119_3



アン・ジェウク"ジェイブルエンターテイメント設立、会社の仕事すべてチェックします"


 22年目の俳優アン・ジェウクが新たなスタートを発表した。元祖韓流スターとしてドラマやミュージカルで活発な活動を行っている彼がジェイブルエンターテイメントを設立、俳優マネージメントを目指し、会社を運営する計画を伝えた。

1994年にデビューしたアン・ジェウクは、これまでドラマ「星は私の胸に」、「オー必勝ポン・スニョン」、「ミスターグッバイ」、「光と影」などで大衆の愛を受け、最近にもKBS 2TV 「子供が5 'で視聴率はもちろん、視聴者の心まで捕らえた。

これと共にアン・ジェウクはミュージカルの活動も活発にしてきた。 「ジャック・ザ・リッパー」、「ロック・オブ・エイジ」、「太陽王」、「皇太子ルドルフ」、「アリラン」などに出演し、最近ではミュージカル「英雄」出演の便りを知らせた。

ブラウン管とミュージカルの舞台で活発な活動を広げているアン・ジェウクは、安定した寄付と対外的な活動を通じて手本となるスターとして定着した。ファンの愛はもちろん、家族愛も格別だ。

創刊12周年を迎えたマイデイリーが、別の開始を知らせたアン・ジェウクに会った。

201611211916171118_1

アン・ジェウクは、自分見てついてくる後輩たちのための助けになりたいという考えでジェイブルエンターテイメントを設立した彼はある瞬間から先輩というタイトルたため、自分の将来まで行ってきた場所から、今後向かって行く方向も重要だが、後輩たちにいくつかのより多くのチャンス提供したい気持ちになった」と話を切り出した

自分スタイルに合わせて、より専門的に自分仕事に集中するため独立したものもある彼は周り会社設立をするとしたら、「あなたの前途でよく気を遣え言っていたハハ実際には一番重要なのは私の仕事である私のことで精一杯」と力強く笑った

年齢あり、作品より慎重ならざるをえません悩みが多いです考えることも多く...時間が経つにつれて、キャリアを積んで慣れて楽になるはずなのに悩みが増えます。それで、独立して自分のスタイルに合わせた会社設立必要になりました事実が決まればとてもタイトにものすごく周りくちばしでつつくスタイルですね仕事が終わればパッと休んで、無条件に十分な休息を取って仕事に入ったときに集中するスタイルですだから所属俳優はできないと思いますそうしてみると独自の会社設立するという考えが起きました

アン・ジェウクは、と長い時間、自分と一緒にしたマネージャー業界推薦された広報チーム長とジェイブルエンターテイメント設けた今は人員が重要ではないぴったり必要な人と一緒に最後まで行くつもり」とし「内実よくなければならない。小柄爆破意味がない現在推進しているコンテンツ確保しておくことがより重要である」と述べた

201611211916171118_2

会社の仕事は私はすべてチェックしている。仕事が始まると、厳しいです配役が決まったときも、スタイリストから外的な部分などとてもディテール多く関与しますところで、その部分が難しいことで構成を整えておけば容易です。それが分かるとより注意深くチェックしようとしますそれでも余裕を持って仕事しようとしていますそれ自体も毎日出勤するスタイルが合う人ではないので、私は毎日捉えることがないです余裕を持って仕事するが、するときは集中してしようというのです

アン・ジェウクは、ジェイブルエンターテイメントとしての役割を果たすために細心の部分まで注意をはらっている他の違ったスタイル従業員俳優集まるので、その中心、自分がすべきことは何なのか明らかに知っている

当社の従業員は応援する球団もみな違います。ハハそう、皆それぞれなのにどのように私の好きにできますかだから会話重要視している普段にも会話たくさんしようとしています会話は、最も簡単なものながらも難しいしかし、会話を頻繁にする必要があり、問題生じたり、もしかしたら難しいことが起こる時も気兼ねなく話すことができていない、会話断絶されると、話さなくなって断絶されて、追い立てると大変ですだから対話と疎通を重視です

201611211916171118_3

今後ジェイブルエンターテイメントと共にする俳優たちもそうだ。 "ある俳優の人生がかかったものだが、その友達が追求しようと思う夢とエネルギーを充足させることができなければならない」と確固たる意志を表わした。

彼は「ミュージカル市場が大きくなってみると関心を持つ会社もたくさんできた」とし、「私は一応総合的なエンターテイナーがほしいと思う。肯定的に流れていくのと相乗効果を出すことができると考えている」と説明した。

「会社のモットーは演技上手な俳優です。最近の契約を結んだキム・ジュンヒョンも実力があり舞台での誠実さを認められている後輩と一緒にすることになりました。妻のチェ・ヒョンジュ学ぶ特別ケースです(笑)。私は男俳優らを中心にしたい。キャラクターごとに俳優たちがあったらいいですね。主人公だけたくさんいる会社ではなく、個性の強いキャラクターたちを願っています。私たちが自主的に会議をするとおもしろいと思います。自分が配役を引き受けた時、私たち同士研究して会議しても面白そうだし、あまりにも良さそうだし。似たようなイメージは、あまり好まれません。」

201611211916171118_4




アン・ジェウク・イ・ジフン、ミュージカル「英雄」で安重根役

ahn3

安重根義士義挙を描いた創作ミュージカル「英雄」派手な出演陣注目を集めました

強靭な安重根義士のキャラクターでミュージカルファンたちの愛受けてきた元年メンバージョンソンファ氏をはじめ、俳優アン・ジェウクイ・ジフンさん新たに参加しました

ソフトなイメージは、今回の作品を通じて苦悩に満ちた独立運動家悲壮さ遺憾なく披露するという計画です

また、歌手出身俳優パク・チョンアさんヒロイン「ソルヒ役で大劇場ミュージカルに初めて挑戦します。

アン・ジェウクとイ・ジフン、ミュージカル『英雄』..反転キャスティング

ahn4

ドラマ『子どもが5人』で成功的に復帰した俳優アン・ジェウクが、次の作品でミュージカルを選択した。アン・ジェウクはミュージカル『英雄』で安重根(アン・ジュングン)役に扮す。

ミュージカル『英雄』がさらにしっかりした内容と華麗になったキャストで2017年1月18日世宗(セジョン)文化会館で大劇場で7回目のシーズンの幕を上げる。
2009年初演された『英雄』は作品性と大衆性を共に認められ、2011年にはニューヨーク・ブロードウェイのリンカーンセンター、2015年中国・ハルビンなどで公演された。

元祖韓流スターアン・ジェウクが製作会社エイコムの数年にわたった求愛の末、ついに初めて安重根役を演じる。ここに反転キャスティングがより増す。歌手からミュージカル俳優で位置づけたイ・ジフンは既存俳優らと別にソフトな美男スタイル。すでに数年前から安重根役を演じることを切実に望んで準備してきた俳優であるだけに、最近あぶらののった彼の歌の実力と演技力がついに『英雄』で真価を発揮すると期待される。

このページのトップヘ