空 物語 。。。☆彡 Ahn Jae Wook

2017年08月

俳優アン・ジェウクが、モバイルアニメーション『ペットの法則』主人公ソ・ウジュン役の声の演技をする。

サウンディストが製作する『ペットの法則』は、ソンウン出版社で繰り広げられる編集長ソ・ウジュンと新入社員ハン・テリョンのロマンスを描いた作品で、カカオページで連載され、113万人の購読者を保有した作品だ。

アン・ジェウクが引き受けたソ・ウジュンは、無愛想な性格に徹底して冷徹な性格の所有者。彼の相手役のハン・テリョン役は声優サ・ムニョン(KBS 36期)が務める。

その間歌手、ミュージカル、ドラマ、映画など多様なジャンルで活動してきたアン・ジェウクだが、今回のアニメーションの吹き替えの演技は初挑戦だ。特に韓国内外市場に初お目見えするモバイルアニメーションの吹き替えを引き受けて、活動の意味がより増すものと見られる。

『ペットの法則』はウェブページとアプリケーションでサービスする“TOON BAR”を通じていつも見ることができて“TOON BAR”は21日に公式オープンする。

“TOON BAR”は現在『ペットの法則』をはじめ、として『トリニティ・ワンダー』、『月夜に鳴く鳥』、『愛らしいポクヒさん』、『モラルセンス』など8本の作品契約後、モバイルアニメーション作業進行中で、アン・ジェウクの他にもカン・スジン、チェ・トクヒ、ソヨン、ヤン・ジョンファ、キム・ヨンソンなどスター声優陣が共にする。

一方、モバイルアニメーション『ペットの法則』のショーケースが、9月1日CGV狎鴎亭(アックジョン)店で行われる。


http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=237733

8-18a

8-18b


2017818pm330naverネイバーvlivemusicalミュージカルアリランアリラン俳優視聴する^^
アン・ジェウクチャンウンアチェミョンギョンハンドンギュイ・チャンヒユンヒョン列ユビョンフン

8-18




ウェブトゥーン法則soundistダビング配役ソオジュンアン・ジェウク^^~~~

8-16






このたび、韓流専門総合エンターテインメントチャンネルKBS Worldにて、KBSバラエティ「鍋敷き(原題:ネンビパッチム)」が日本最速&独占初放送されることが決定した。

「鍋敷き」は、韓国のスターやアイドル達が本の出版に挑戦する最新リアルバラエティだ。

K-POPアイドルでありながらバラエティ界でも活躍しているSUPER JUNIORのヒチョル、韓流第一世代として日本でも人気の俳優「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」のアン・ジェウク、バラエティ界の毒舌家イ・ギョンギュの3人がMCを務める。


最初のゲストは、韓国で国民的人気を誇るK-POPアイドルTWICE、バドミントンオリンピック金メダリストのイ・ヨンデだ。

ヒチョルは「ガールズグループのための指南書」、TWICEは「TWICEの私生活についての雑誌」、アン・ジェウクは「お酒を飲むときの乾杯の音頭」についての本を制作する過程をリアルバラエティとしてお届けする新感覚バラエティ番組「鍋敷き」は、8月20日(日) より放送がスタート!

r8-15




■放送情報
「鍋敷き(原題:ネンビパッチム)」
8月20日(日) 放送スタート
本放送【日】16:05~17:25
再放送【金】深夜00:40~2:00

韓国放送開始日:2017年6月6日~

■関連サイト
KBS World HP:http://www.kbsworld.ne.jp/

光復節815日#叫ぶアリランミュージカルアリラン音楽芸術殿堂ソンスイクアン・ジェウク応援するスヒョン^^~~

8-15a


8-15b


「スヒョンが応援中"...アン・ジェウク、光復節には「アリラン」

俳優アン・ジェウクが光復節にもミュージカル「アリラン」専念した。

アン・ジェウク15日、自身SNSに光復節8月15日、叫ぶ音楽アリランソンスイクアン・ジェウク応援するスヒョン」という文と共に写真掲載した。

写真の中のアン・ジェウク「アリラン」の中の衣装着たまま控室前で自撮り撮った。厳粛なビジュアルが目立つ。別の写真アン・ジェウクスヒョンが冠を被ったまま明るく笑っている。

アン・ジェウク、芸術殿堂ミュージカル「アリラン」の中でソンスイク引き受けて熱演している。



ミュージカルmusicalミュージカルアリランアリランオクビイ・ソヨン国宝名唱すでに最後公演オメ悲しい😭😭😭残念アジサイパク・チヨン
ソンスイクアン・ジェウ

8-12a


8-12b




奥様も


choi0704劇場行って食べろと包んだ愛の弁当~マシソヨ〓

8-12c







アン・ジェウク「アリラン」先入観私も驚き、不正解チェックNO"

俳優アン・ジェウクミュージカル「アリラン」愛は相当である。すべての作品最善を尽くす彼だが、唯一「アリラン」、より心が傾く初演一緒にしたせいもあるが、私たちの話するので、よりが傾く。

光復70周年迎えた2015年に初演されたミュージカル「アリラン」千万の読者に愛された作家趙廷来大河小説「アリラン」ミュージカルで誕生させた作品。日本植民地時代、波乱時代を生き民衆の生活と愛、闘争歴史美しい音楽ミニマリズム一つ舞台に込めた。

過去2015初演続き、リプレイ合流したアン・ジェウクは、最近「アリラン」の広報に熱を上げている。公演と一緒にインタビュー、放送、ラジオまで疲れ情熱いっぱいのきれいな後輩らを見れば、直接率先した

"このように骨を折るとは思わなかった"と暗示したアン・ジェウクは"それでも後輩がとても美しい。 劇場に行けばうちの子が'休む日休むこともできなくてどうします'としながら私が広報するのを認められる。 その言葉がとても美しい"と明らかにした。

 "他の見方をすれば当然の話です。 私がする作品でしょう。 客席が満たされようがしまいがこのような俳優がどこにいます。 'アリラン'という作品はそれがさらに熱いようだ。 どうせならさらに立ち上がって広報したいです。 後輩が美しく話をして考えるのでさらに力が出ます。"

アン・ジェウクがこのように'アリラン'に愛情を注ぐ理由はまたある。 "政権も関係なくて2017年だけでなく2027年でも2037年でもいつでもなければならない'アリラン'だ。 存在するしかない"と考えるためだ。

彼は"どうせなら100%を満足できる公演だといったことはないが'アリラン'をしたという自体に対して自分に拍手し高く評価したい"として"当然に知っているものなどなのに'アリラン'で何かを作ろうと試みるのが良かった"と話した。

"私さえ'私が似合うか?','韓服着て出なければならないか?'といいながらなまりも読めないしそうしました。 ところでなぜ人々二'制(製)服をイブンニャン エネルギーが表出される'でするかけるかと思いましたよ。 それは私たちのだからそうです。 考えてみると他の作品をする時は外国の人を演技したが'アリラン'や前作'英雄'は韓国の人でしょう。 '私が韓国の人だな'といいながら私の演技をする感じですね。"

もちろん、以前の作品も激しく臨んだ。しかし、確かに「アリラン」は、楽だ。私たちだから下手にならない」という重圧大きくなりますが舞台に立つと「アリラン」誰かの記憶に残る作品になることを願う心に集中する。

"'アリラン'が継続整えられて整えられて整えられて長続きしたらいいですね。 こういう話をすること用心深いんだけど。。 'アリラン'を見てストーリー展開が親切でないとの反応があります。 ところで事実感じられるのがあって笑いが出て涙が出るのが'アリラン'ですか?"

アン・ジェウクは'アリラン'に対する先入観に残念がった。 私たちのことにもかかわらず辛い歴史に向き合わないとする、退屈でいかにも物悲しい話であることという先入観が彼を痛くした。

8-10

翻訳機で・・・時々訳がわからない~





2017-8K


アン・ジェウクモバイルアニメーション法則」ダビングソオジュンに挑戦

俳優アン・ジェウクがサウンドディストリエンターテイメント(以下サウンドディストリが制作するモバイルアニメーション法則」の主人公ソオジュンを務める。

サウンドディストリが制作する法則は、星雲出版社から広がる編集ソオジュン新入社員ハンテリョンロマンス描いた作品で、カカオのページ連載され、113人の加入者保有している作品である。

アン・ジェウクが引き受けたソオジュン無愛想な性格ことでは徹底して冷徹な性格持ち主。その呼吸を共にするハンテリョン声優サ・ムニョンが務める。

これまで歌手、ミュージカル、ドラマ、映画など様々なジャンルで活動してきたアン・ジェウクが、今回のアニメ吹き替え演技初挑戦だ。特に国内外の市場に初めてデビューする、モバイルアニメーションダビング引き受けながら活動意味加わると思われる。

法則は、Webページやアプリケーションサービスする「ツンバ」を通じて会う見ることができ、ツンバ来る21日、公式オープンする。

ツンバ」は、現在法則」はじめ、トリニティ・ワンダー」、「月夜鳴く鳥」、「愛らしい伏羲さん」、「モラルセンスなど8つの作品の契約後、モバイルアニメーション作業進行中であり、アン・ジェウクのほか、カン・スジンチェドクフイソヨンヤンチョンファキム・ヨンソンなどスター声優陣が一緒にする。


mbcradioキム・シニョン正午希望曲guestmusicalミュージカルアリラン広報客席完売希望アン・ジェウク^^ ;;

8-2


「ジョンヒ」アン・ジェウク"映画が一番難しい...10年目の作品はない"

アン・ジェウクが、長い時間の映画の対処をしていなかったことについて話した。

2日正午放送されたMBC FM4U正午希望曲キム・シニョンですには、俳優であり歌手、そしてミュージカル俳優として活動しているアン・ジェウクが出演して、映画、演劇、ドラマの中で最も難しいことは何かという質問を受けた。

これアン・ジェウクは「かつては、私が望んでいることだから難しい表現直接するのがそうだ」と慎重に明らかにした後、映画が一番難しい。10の間にした作品がないから」と言って笑いかもし出すようにした。

キム・シニョン、このようなアン・ジェウク言葉に関係者の皆様アン・ジェウク氏にたくさん書いてください」とアン・ジェウク応援する姿見せた。

続いてアン・ジェウク、過去のドラマ「に願いをカン・ミンの話続けていった。

8-3a

8-3b



====下記は先日のJTBCの記事====

アン・ジェウク「結婚して変わったこと?自分のためにお金を使わなくなった」

俳優アン・ジェウクが結婚後、変わった姿を見せた。

アン・ジェウクは先月31日に韓国で放送されたJTBC「アブノーマル会談」の第160回にゲスト出演した。

この日、アン・ジェウクは「ベビー用品はヨーロッパ製が最高だと思う。安くて綺麗だ。この間、オーストリアに旅行に行ったけど、キャリーバックを20個も買いたいほどだった。時間が経つのも知らずにショッピングした」と話した。

すると、MCのチョン・ヒョンムは「本人がここまで変わると思ったことがあるか?」と聞いた。

アン・ジェウクは「今思えば、挙式してから2年間は自分のためにお金を使ったことがない。全て妻と子どものために使った」と明かした。

8-3a



このページのトップヘ