アン・ジェウク「アリラン」先入観私も驚き、不正解チェックNO"

俳優アン・ジェウクミュージカル「アリラン」愛は相当である。すべての作品最善を尽くす彼だが、唯一「アリラン」、より心が傾く初演一緒にしたせいもあるが、私たちの話するので、よりが傾く。

光復70周年迎えた2015年に初演されたミュージカル「アリラン」千万の読者に愛された作家趙廷来大河小説「アリラン」ミュージカルで誕生させた作品。日本植民地時代、波乱時代を生き民衆の生活と愛、闘争歴史美しい音楽ミニマリズム一つ舞台に込めた。

過去2015初演続き、リプレイ合流したアン・ジェウクは、最近「アリラン」の広報に熱を上げている。公演と一緒にインタビュー、放送、ラジオまで疲れ情熱いっぱいのきれいな後輩らを見れば、直接率先した

"このように骨を折るとは思わなかった"と暗示したアン・ジェウクは"それでも後輩がとても美しい。 劇場に行けばうちの子が'休む日休むこともできなくてどうします'としながら私が広報するのを認められる。 その言葉がとても美しい"と明らかにした。

 "他の見方をすれば当然の話です。 私がする作品でしょう。 客席が満たされようがしまいがこのような俳優がどこにいます。 'アリラン'という作品はそれがさらに熱いようだ。 どうせならさらに立ち上がって広報したいです。 後輩が美しく話をして考えるのでさらに力が出ます。"

アン・ジェウクがこのように'アリラン'に愛情を注ぐ理由はまたある。 "政権も関係なくて2017年だけでなく2027年でも2037年でもいつでもなければならない'アリラン'だ。 存在するしかない"と考えるためだ。

彼は"どうせなら100%を満足できる公演だといったことはないが'アリラン'をしたという自体に対して自分に拍手し高く評価したい"として"当然に知っているものなどなのに'アリラン'で何かを作ろうと試みるのが良かった"と話した。

"私さえ'私が似合うか?','韓服着て出なければならないか?'といいながらなまりも読めないしそうしました。 ところでなぜ人々二'制(製)服をイブンニャン エネルギーが表出される'でするかけるかと思いましたよ。 それは私たちのだからそうです。 考えてみると他の作品をする時は外国の人を演技したが'アリラン'や前作'英雄'は韓国の人でしょう。 '私が韓国の人だな'といいながら私の演技をする感じですね。"

もちろん、以前の作品も激しく臨んだ。しかし、確かに「アリラン」は、楽だ。私たちだから下手にならない」という重圧大きくなりますが舞台に立つと「アリラン」誰かの記憶に残る作品になることを願う心に集中する。

"'アリラン'が継続整えられて整えられて整えられて長続きしたらいいですね。 こういう話をすること用心深いんだけど。。 'アリラン'を見てストーリー展開が親切でないとの反応があります。 ところで事実感じられるのがあって笑いが出て涙が出るのが'アリラン'ですか?"

アン・ジェウクは'アリラン'に対する先入観に残念がった。 私たちのことにもかかわらず辛い歴史に向き合わないとする、退屈でいかにも物悲しい話であることという先入観が彼を痛くした。

8-10

翻訳機で・・・時々訳がわからない~