空 物語 。。。☆彡 Ahn Jae Wook

カテゴリ: ミュージカル

12-22c

12-22aアン⑧(1)


【地方公演情報は削除いたしました】




 






BlogPaint





     

続きを読む

イ・ムンセ珠玉のような曲。そして信じ見る俳優たちの饗宴ミュージカル光化門恋歌」再び優しく抱いている。

20日午後8ネイバーVアプリ介して、ミュージカル光化門恋歌」ライブトーク行われた。脚本担当したソンウン作家とイム・ジンモ評論家出て光化門恋歌イ・ムンセ音楽に対する交わした。

この作品は、イ・ムンセと故イ・ヨンフン作曲家誕生させた歌のナンバーである。愛が過ぎ去れば」、「少女」、「昔の恋愛」、「この世に生きていくと」、「光化門恋歌」、「赤い夕焼け」、「深い夜を飛んで」、「記憶愛より」などがそれ。

この日のVライブでは、中年名優役アン・ジェウク、ウォルハ役ジョンソンファ公演がハイライトで入れられた。ミュージカル界最古参に据えたは、名不虚伝演技とライブで視線ひきつけた。

12-22b



12-20c

12-20d

12-20e

12-20f

12-20g

12-20h

12-20i

12-20j

CJ MUSICAL より





いよいよ明日になりました~

ジェウクさん出演の全スケジュール

9-30

12-14d



12-14c

12-14b

12-9a



12月15日(金) 20:00

12月17日(日) 14:00 ・ 18:30

12月20日(水) 20:00

12月22日(金) 20:00

12月23日(土) 19:30

12月24日(日) 18:30

12月27日(水) 15:00

12月30日(土) 19:30

12月31日(日) 14:00

 ==2018年==

 1月 3日(水) 20:00

 1月 5日(金) 20:00

 1月 6日(土) 19:30

 1月 7日(日) 18:30

 1月 9日(火) 20:00

 1月10日(水) 20:00

 1月12日(金) 20:00 

 1月13日(土) 19:30 

==地方公演==

 1月20日(土) 19:30  大田芸術殿堂アートホール

 1月21日(日) 18:30    同上

 1月27日(土) 19:00  軍浦(クンポ)文化芸術会館




 開幕D-8ミュージカル「光化門恋歌」アン・ジェウクジョンソンファソンギュの初恋感性はどうだろうか


今年の冬、観客の胸を暖かくしてくれるミュージカル「光化門恋歌>製作CJ EM、財)世宗文化会館ソウル市ミュージカル団練習室スケッチ写真公開した。

12月15日から世宗文化会館で華やかな開幕を控えているミュージカル「光化門恋歌」が公開した練習室スケッチ写真では配役に没頭して熱演している俳優たちの姿とチームワーク感じることができる和気あいあいとした瞬間が含まれている。

終焉控え思い出の中時間旅行に出かける主人公中年名優役に俳優アン・ジェウクはやわらかいカリスマの中で現れる感性的な演技を披露している。

12-8b

12-8a









続きを読む

11-27a


11-27b





光化門恋歌1






         

【ジェウクさん出演】

1月 3日(水) 20:00


1月 5日(金) 20:00


1月 6日(土) 19:30


1月 7日(日) 18:30


1月 9日(火) 20:00


1月10日(水) 20:00


1月12日(金) 20:00


1月13日(土) 19:30 



昨日(11月14日 14時よりチケットオープン)



【制作発表会の様子】

11-15a

11-15c

11-15e



光化門恋歌」で(中年名優)引き受けたイゴンミョン - アン・ジェウク - イギョンジュン

11-14c


アン・ジェウク光化門恋歌期待ください

11-15d


アン・ジェウクまだカッコいいでしょ

(ん?まだ・・・って!?)

11-15f


ミュージカル光化門恋歌」熱唱するイゴンミョンアン・ジェウクイギョンジュン

11-15g


熱唱するアン・ジェウク

11-15h


挨拶するアン・ジェウク









続きを読む




記憶を呼び覚まし、思い出をよみがえらせるミュージカル「光化門恋歌」。2017年末、再びここ、光化門に立つ。

永遠に忘れられることのない名曲に乗せて描く、「私たち」の物語

「街路樹の木陰に立てば」「赤い夕焼け」「昔の恋」…。あらゆる世代に愛された韓国を代表する作曲家、故イ・ヨンフンの名曲でつくり上げる感性的な大作ミュージカル。

超豪華キャストがみせる感動の舞台

「中年ミョンウ」役は演技力と歌唱力に定評のあるアン・ジェウク、イ・ゴンミョン、イ・ギョンジュン。「ウォルハ」役には話題のダブルキャスト、チョン・ソンファ、チャ・ジヨン。

ほかに、聴く人を魅了する歌声、深みのある演技が持ち味のホ・ドヨン、キム・ソンギュ、パク・ガンヒョン、ホン・ウンジュ、リンジが出演。韓国創作ミュージカルにおなじみのソウル市ミュージカル団の実力派俳優たちも舞台に立つ。

2017年最も注目されたクリエーター、演出家イ・ジナと脚本家コ・ソンウンが生み出す最高のハーモニー

「ザ・デビル」「イン・ザ・ハイツ」「西便制」
独特のはっきりとしたカラーで新たな解釈を提示する当代最高の演出家イ・ジナ。

「趙氏孤児」「ウェルテル」「アリラン」
観客の心を揺さぶる演劇・ミュージカル脚本で知られるコ・ソンウン。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」「ゴーン・トゥモロー」「ロッキー・ホラー・ショー」
印象深いナンバーで魅了する音楽監督のキム・ソンス。


思い出します。。。

友人用ジャケット



EXOスホ、生涯初のミュージカル挑戦...アン・ジェウク演技コーチ受ける

ミュージカル「皇太子ルドルフ」が「ザ・ラストキス」というタイトルに変え、3年ぶりに旅を始める。
ミュージカル「ザ・ラストキス」はハプスブルクの王子ルドルフと彼が唯一愛した女性マリべチャラがマイイヤルの別荘で心中した実際の事件をモチーフに作られた。フレデリックモートンの小説「皇太子の最後のキス」(A Nervous Splendor)が原作だ。
2012年韓国初演当時開幕最初の週から93%を超える客席占有率と15万以上の観客を動員した感動大作である。実話を基にした真正性ある話とハプスブルクの豪華な王室を再現した舞台は、作曲家フランクワイルドホーンのナンバーに愛された定番の音楽である。
今回の公演では、皇太子ルドルフ役に俳優カイとジョン・ドンソク、ジョンテクウン、スホがキャスティングされた。スホは生涯初のミュージカル挑戦である。アジアのチームトップの座を堅固に守っているアイドルグループエキソ(EXO)のリーダーとしてダンスと歌の実力を検証受けた。彼はMBCドラマ「三色ファンタジー - 宇宙の星」、映画「グローリー・デイ」などで演技者としても活動領域を広げていく中である。
スホは「「ザ・ラストキス」に出演することになって光栄」とし「アン・ジェウク先輩の授業を実際に楽しく聞いている。熱心に準備するから多くの応援を望む」と覚悟を伝えた。
過去2012年と2014年に出演した俳優アン・ジェウクは今回の公演のために特別な演技コーチに出た。先月から後輩俳優たちのために指導を与えている。アン・ジェウクは「いきいきとしたルドルフを見ていると「皇太子ルドルフ」と初めて会った時を思い出す。私の人生のミュージカルとすることができる作品を直接教えることができて光栄」とし「自分のノウハウを惜しみなく与える予定だ多くの期待を望む」と伝えた。
ミュージカル「ザ・ラストキス」は、11月1日午前11時、最初のチケットオープンを控えている。インターパークチケットサイトとLGアートセンターで進行する。12月15日から12月31日まで回送だ。12月15日に開幕し、2018年3月11日まで、ソウル江南区駅三洞LGアートセンターで公演する。チケットの価格は6万〜14万ウォンだ。

1508745180-66

このページのトップヘ