空 物語 。。。☆彡 Ahn Jae Wook

カテゴリ: ミュージカル

 開幕D-8ミュージカル「光化門恋歌」アン・ジェウクジョンソンファソンギュの初恋感性はどうだろうか


今年の冬、観客の胸を暖かくしてくれるミュージカル「光化門恋歌>製作CJ EM、財)世宗文化会館ソウル市ミュージカル団練習室スケッチ写真公開した。

12月15日から世宗文化会館で華やかな開幕を控えているミュージカル「光化門恋歌」が公開した練習室スケッチ写真では配役に没頭して熱演している俳優たちの姿とチームワーク感じることができる和気あいあいとした瞬間が含まれている。

終焉控え思い出の中時間旅行に出かける主人公中年名優役に俳優アン・ジェウクはやわらかいカリスマの中で現れる感性的な演技を披露している。

12-8b

12-8a









続きを読む

【ジェウクさん出演】

1月 3日(水) 20:00


1月 5日(金) 20:00


1月 6日(土) 19:30


1月 7日(日) 18:30


1月 9日(火) 20:00


1月10日(水) 20:00


1月12日(金) 20:00


1月13日(土) 19:30 



昨日(11月14日 14時よりチケットオープン)



【制作発表会の様子】

11-15a

11-15c

11-15e



光化門恋歌」で(中年名優)引き受けたイゴンミョン - アン・ジェウク - イギョンジュン

11-14c


アン・ジェウク光化門恋歌期待ください

11-15d


アン・ジェウクまだカッコいいでしょ

(ん?まだ・・・って!?)

11-15f


ミュージカル光化門恋歌」熱唱するイゴンミョンアン・ジェウクイギョンジュン

11-15g


熱唱するアン・ジェウク

11-15h


挨拶するアン・ジェウク









続きを読む




記憶を呼び覚まし、思い出をよみがえらせるミュージカル「光化門恋歌」。2017年末、再びここ、光化門に立つ。

永遠に忘れられることのない名曲に乗せて描く、「私たち」の物語

「街路樹の木陰に立てば」「赤い夕焼け」「昔の恋」…。あらゆる世代に愛された韓国を代表する作曲家、故イ・ヨンフンの名曲でつくり上げる感性的な大作ミュージカル。

超豪華キャストがみせる感動の舞台

「中年ミョンウ」役は演技力と歌唱力に定評のあるアン・ジェウク、イ・ゴンミョン、イ・ギョンジュン。「ウォルハ」役には話題のダブルキャスト、チョン・ソンファ、チャ・ジヨン。

ほかに、聴く人を魅了する歌声、深みのある演技が持ち味のホ・ドヨン、キム・ソンギュ、パク・ガンヒョン、ホン・ウンジュ、リンジが出演。韓国創作ミュージカルにおなじみのソウル市ミュージカル団の実力派俳優たちも舞台に立つ。

2017年最も注目されたクリエーター、演出家イ・ジナと脚本家コ・ソンウンが生み出す最高のハーモニー

「ザ・デビル」「イン・ザ・ハイツ」「西便制」
独特のはっきりとしたカラーで新たな解釈を提示する当代最高の演出家イ・ジナ。

「趙氏孤児」「ウェルテル」「アリラン」
観客の心を揺さぶる演劇・ミュージカル脚本で知られるコ・ソンウン。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」「ゴーン・トゥモロー」「ロッキー・ホラー・ショー」
印象深いナンバーで魅了する音楽監督のキム・ソンス。


思い出します。。。

友人用ジャケット



EXOスホ、生涯初のミュージカル挑戦...アン・ジェウク演技コーチ受ける

ミュージカル「皇太子ルドルフ」が「ザ・ラストキス」というタイトルに変え、3年ぶりに旅を始める。
ミュージカル「ザ・ラストキス」はハプスブルクの王子ルドルフと彼が唯一愛した女性マリべチャラがマイイヤルの別荘で心中した実際の事件をモチーフに作られた。フレデリックモートンの小説「皇太子の最後のキス」(A Nervous Splendor)が原作だ。
2012年韓国初演当時開幕最初の週から93%を超える客席占有率と15万以上の観客を動員した感動大作である。実話を基にした真正性ある話とハプスブルクの豪華な王室を再現した舞台は、作曲家フランクワイルドホーンのナンバーに愛された定番の音楽である。
今回の公演では、皇太子ルドルフ役に俳優カイとジョン・ドンソク、ジョンテクウン、スホがキャスティングされた。スホは生涯初のミュージカル挑戦である。アジアのチームトップの座を堅固に守っているアイドルグループエキソ(EXO)のリーダーとしてダンスと歌の実力を検証受けた。彼はMBCドラマ「三色ファンタジー - 宇宙の星」、映画「グローリー・デイ」などで演技者としても活動領域を広げていく中である。
スホは「「ザ・ラストキス」に出演することになって光栄」とし「アン・ジェウク先輩の授業を実際に楽しく聞いている。熱心に準備するから多くの応援を望む」と覚悟を伝えた。
過去2012年と2014年に出演した俳優アン・ジェウクは今回の公演のために特別な演技コーチに出た。先月から後輩俳優たちのために指導を与えている。アン・ジェウクは「いきいきとしたルドルフを見ていると「皇太子ルドルフ」と初めて会った時を思い出す。私の人生のミュージカルとすることができる作品を直接教えることができて光栄」とし「自分のノウハウを惜しみなく与える予定だ多くの期待を望む」と伝えた。
ミュージカル「ザ・ラストキス」は、11月1日午前11時、最初のチケットオープンを控えている。インターパークチケットサイトとLGアートセンターで進行する。12月15日から12月31日まで回送だ。12月15日に開幕し、2018年3月11日まで、ソウル江南区駅三洞LGアートセンターで公演する。チケットの価格は6万〜14万ウォンだ。

ミュージカル光化門恋歌」が、深まる秋とよく似合う感性的な歌詞曲のポスター公開した。

ポスターには、・ヨンフン作曲家叙情的な歌詞と俳優たちの感性の姿が絶頂組み合わせ成し作品への期待をさらにしている。

「もう懐かしいのは懐かしいと私の心置くだろう。・ヨンフン作曲家ヒット曲昔の恋愛歌詞は、前にして中年名優」役アン・ジェウクイゴンミョンイギョンジュンキャラクターポスター調和し、若い私を愛していたスア懐かしさを思うことができた。

「どんな意味もどんな笑顔歳月が散らしていくのに歳月無常歌った彼女笑い声だけの歌詞は、名優時間旅行助ける月下」役ジョンソンファチャジヨンキャラクターポスターと一緒に年齢も正体知ることができないミステリアス画像込めた。

おぼろげさが感じられる名優昔の中年スアイ・ヨンギョンイムガンフイポスター愛というのは心がこのように残るのか記憶というのは愛より悲しいという「記憶愛より歌の歌詞介して昔の思い出感性が瑞々しく作る

若い名優役にホドヨウンキム・ソンギュバクガンヒョン「ひまわり」歌詞は、若いスア役にホンウンジュリンゼイは、少女歌詞で、若いいきいきして純粋だったの初めての愛記憶を召喚させる。

今回のリリック ポスターはアートディレクターにプロパガンダ チェ・ジウン室長、写真作家ロビンつける、セットデザイン彼女たちの万物社、イ・ジンキュ スタイリストが参加した。

ソウル市ミュージカル団とCJ E&Mが共同製作する'光化門(クァンファムン)恋歌'は全(前)故イ・ヨンフン作曲家の名曲で満たされたチュクバクス創作ミュージカルだ。 臨終を控えた主人公名優の最後の1分に自身の若い日を回想する話を扱う。

12月15日から2018年1月14日まで世宗(セジョン)文化会館大劇場で公演される。 観覧料4万~14万ウォン.

10-19



http://blog.naver.com/cjenmmusical より情報

=12月=

15日(金) 20:00

17日(日) 14:00 
        18:30

20日(水) 20:00

24日(日) 18:30

27日(水) 20:00

30日(土) 19:30

10-18


とても素敵°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



        

9-30


イ・ジェフン記者=ジュークボックス創作ミュージカル光化門恋歌」ミュージカルスターアン・ジェウクイゴンミョンジョンソンファチャジヨンがキャスティングされた。愛が過ぎ去れば」「赤い夕焼け」「昔の恋愛など、主に歌手イ・ムンセ58コンビを成してヒット曲量産した作曲家イ・ヨンフン19602008曲をつづっミュージカルだ。


27日の公演製作社CJ EMと世宗文化会館ソウル市ミュージカル団団長ハンジンソプよると、アン・ジェウクイゴンミョン来る12月15日から来年1月14日まで世宗文化会館大劇場で公演する「光化門恋歌」から「名優演じる。を前に、若い私を愛していたシュアを介して痛みと傷に面している中年である

===== 中略 =====

イ・ヨンフン作曲家詩的な歌詞叙情的なメロディー韓国ポップバラードジャンルを開拓した主人公に通じる。ミュージカル光化門恋歌は、この作曲家20曲を挿入する。

2011光化門に近い世宗文化会館で同じ名前初公開した後、2012年にLGアートセンターの再公演、その年の同じ年忠武アートホールチュンムアートセンターアンコール公演その年の末と翌年初め、日本に進出したりした。

今回のバージョンでは、既存にかかわらず、50の伝統ソウルミュージカル団CJ EMが共同制作、新しい初演で再幕を上げる過去の公演続き、ドリアングレイ」「ヘドウィグ」「ソピョンジェのイ・ジナ演出が指揮する構造と舞台はかなり変わると思われる。演劇「趙さん孤児、複数」、ミュージカル「ウェルテル」「アリランスター演出家ソンウンがこのシナリオを引き受けた。



==========
9-27a

【公演・キャスト情報】ミュージカル『光化門恋歌』
●ミョンウ役:アン・ジェウク、イ・ゴンミョン、イ・ギョンジュン
●ウォルファ役:チョン・ソンファ、チャ・ジヨン
●少年ミョンウ役:ホ・ドヨン、キム・ソンギュ(INFINITE)、パク・ガンヒョン
●スア役:イ・ヨンギョン、イム・ガンヒ...
●少女スア役:ホン・ウンジュ、リンジ(FIESTAR
●シヨン役:ユミ、イ・ハナ

12月15日~2018年1月14日 世宗文化会館 大劇場

2012年に来日公演も行った、作曲家イ・ヨンフンの楽曲世界を舞台化したジュークボックスミュージカル『光化門恋歌』が約5年ぶりに再演。会場の世宗文化会館が運営するソウル市ミュージカル団とCJ E&Mの共同制作で上演されます。

イ・ヨンフン作曲家は80~90年代に数々のヒット曲を生んだことで知られていますが、そのなかでもイ・ムンセさんの楽曲を多数手がけ、彼をスターに押し上げた作曲家として有名です。

主人公ミョンウとウォルファの恋物語を中年時代と若い時代の2つの時代を交錯させて物語が進行しますが、注目は劇中で2つの時代をつなぐ語り部の役割となるウォルファ役を、チョン・ソンファさんとチャ・ジヨンさんという、男女二人がキャスティングされている点です。(ソンファさんが女装をするわけではないと思いますがw)

キャストのなかで、ミョンウ役のイ・ギョンジュンさん、少年ミョンウ役のホ・ドヨンさん、少女スア役のホン・ウンジュさん、シヨン役のユミさんは、ソウル市ミュージカル団の団員です。

脚本は劇団「プレイファクトリー魔方陣」のコ・ソンウンさん、演出はイ・ジナ先生、音楽監督はキム・ソンスさんなど制作陣は強力メンバーが揃っています。

チケット発売日等は後日公開です。


*【観劇.com】様より

==========


明治座 公式サイト⇐(サイト内に掲載の内容・写真等の一切の無断転載を禁じます。)

上記記事の「日本に進出」がこのミュージカルだと思いサイトのみ掲載しました。

悲しい恋の物語です。。。

観に行きたい。。。

行くとしたら・・・命がけだわ・・・

恐いし・・観たいし・・・






ジェウクさん、素敵だから。。。

練習している画像だけ・・・

13_163119


13_163247


13_163327


13_163403


13_163454


2017.07.25 ~ 2017.09.03

早く秋にならないかなぁ~


このページのトップヘ