空 物語 。。。☆彡 Ahn Jae Wook

カテゴリ: ミュージカル

ミュージカル光化門恋歌」が、深まる秋とよく似合う感性的な歌詞曲のポスター公開した。

ポスターには、・ヨンフン作曲家叙情的な歌詞と俳優たちの感性の姿が絶頂組み合わせ成し作品への期待をさらにしている。

「もう懐かしいのは懐かしいと私の心置くだろう。・ヨンフン作曲家ヒット曲昔の恋愛歌詞は、前にして中年名優」役アン・ジェウクイゴンミョンイギョンジュンキャラクターポスター調和し、若い私を愛していたスア懐かしさを思うことができた。

「どんな意味もどんな笑顔歳月が散らしていくのに歳月無常歌った彼女笑い声だけの歌詞は、名優時間旅行助ける月下」役ジョンソンファチャジヨンキャラクターポスターと一緒に年齢も正体知ることができないミステリアス画像込めた。

おぼろげさが感じられる名優昔の中年スアイ・ヨンギョンイムガンフイポスター愛というのは心がこのように残るのか記憶というのは愛より悲しいという「記憶愛より歌の歌詞介して昔の思い出感性が瑞々しく作る

若い名優役にホドヨウンキム・ソンギュバクガンヒョン「ひまわり」歌詞は、若いスア役にホンウンジュリンゼイは、少女歌詞で、若いいきいきして純粋だったの初めての愛記憶を召喚させる。

今回のリリック ポスターはアートディレクターにプロパガンダ チェ・ジウン室長、写真作家ロビンつける、セットデザイン彼女たちの万物社、イ・ジンキュ スタイリストが参加した。

ソウル市ミュージカル団とCJ E&Mが共同製作する'光化門(クァンファムン)恋歌'は全(前)故イ・ヨンフン作曲家の名曲で満たされたチュクバクス創作ミュージカルだ。 臨終を控えた主人公名優の最後の1分に自身の若い日を回想する話を扱う。

12月15日から2018年1月14日まで世宗(セジョン)文化会館大劇場で公演される。 観覧料4万~14万ウォン.

10-19



http://blog.naver.com/cjenmmusical より情報

=12月=

15日(金) 20:00

17日(日) 14:00 
        18:30

20日(水) 20:00

24日(日) 18:30

27日(水) 20:00

30日(土) 19:30

10-18


とても素敵°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



        

9-30


イ・ジェフン記者=ジュークボックス創作ミュージカル光化門恋歌」ミュージカルスターアン・ジェウクイゴンミョンジョンソンファチャジヨンがキャスティングされた。愛が過ぎ去れば」「赤い夕焼け」「昔の恋愛など、主に歌手イ・ムンセ58コンビを成してヒット曲量産した作曲家イ・ヨンフン19602008曲をつづっミュージカルだ。


27日の公演製作社CJ EMと世宗文化会館ソウル市ミュージカル団団長ハンジンソプよると、アン・ジェウクイゴンミョン来る12月15日から来年1月14日まで世宗文化会館大劇場で公演する「光化門恋歌」から「名優演じる。を前に、若い私を愛していたシュアを介して痛みと傷に面している中年である

===== 中略 =====

イ・ヨンフン作曲家詩的な歌詞叙情的なメロディー韓国ポップバラードジャンルを開拓した主人公に通じる。ミュージカル光化門恋歌は、この作曲家20曲を挿入する。

2011光化門に近い世宗文化会館で同じ名前初公開した後、2012年にLGアートセンターの再公演、その年の同じ年忠武アートホールチュンムアートセンターアンコール公演その年の末と翌年初め、日本に進出したりした。

今回のバージョンでは、既存にかかわらず、50の伝統ソウルミュージカル団CJ EMが共同制作、新しい初演で再幕を上げる過去の公演続き、ドリアングレイ」「ヘドウィグ」「ソピョンジェのイ・ジナ演出が指揮する構造と舞台はかなり変わると思われる。演劇「趙さん孤児、複数」、ミュージカル「ウェルテル」「アリランスター演出家ソンウンがこのシナリオを引き受けた。



==========
9-27a

【公演・キャスト情報】ミュージカル『光化門恋歌』
●ミョンウ役:アン・ジェウク、イ・ゴンミョン、イ・ギョンジュン
●ウォルファ役:チョン・ソンファ、チャ・ジヨン
●少年ミョンウ役:ホ・ドヨン、キム・ソンギュ(INFINITE)、パク・ガンヒョン
●スア役:イ・ヨンギョン、イム・ガンヒ...
●少女スア役:ホン・ウンジュ、リンジ(FIESTAR
●シヨン役:ユミ、イ・ハナ

12月15日~2018年1月14日 世宗文化会館 大劇場

2012年に来日公演も行った、作曲家イ・ヨンフンの楽曲世界を舞台化したジュークボックスミュージカル『光化門恋歌』が約5年ぶりに再演。会場の世宗文化会館が運営するソウル市ミュージカル団とCJ E&Mの共同制作で上演されます。

イ・ヨンフン作曲家は80~90年代に数々のヒット曲を生んだことで知られていますが、そのなかでもイ・ムンセさんの楽曲を多数手がけ、彼をスターに押し上げた作曲家として有名です。

主人公ミョンウとウォルファの恋物語を中年時代と若い時代の2つの時代を交錯させて物語が進行しますが、注目は劇中で2つの時代をつなぐ語り部の役割となるウォルファ役を、チョン・ソンファさんとチャ・ジヨンさんという、男女二人がキャスティングされている点です。(ソンファさんが女装をするわけではないと思いますがw)

キャストのなかで、ミョンウ役のイ・ギョンジュンさん、少年ミョンウ役のホ・ドヨンさん、少女スア役のホン・ウンジュさん、シヨン役のユミさんは、ソウル市ミュージカル団の団員です。

脚本は劇団「プレイファクトリー魔方陣」のコ・ソンウンさん、演出はイ・ジナ先生、音楽監督はキム・ソンスさんなど制作陣は強力メンバーが揃っています。

チケット発売日等は後日公開です。


*【観劇.com】様より

==========


明治座 公式サイト⇐(サイト内に掲載の内容・写真等の一切の無断転載を禁じます。)

上記記事の「日本に進出」がこのミュージカルだと思いサイトのみ掲載しました。

悲しい恋の物語です。。。

観に行きたい。。。

行くとしたら・・・命がけだわ・・・

恐いし・・観たいし・・・






ジェウクさん、素敵だから。。。

練習している画像だけ・・・

13_163119


13_163247


13_163327


13_163403


13_163454


2017.07.25 ~ 2017.09.03

早く秋にならないかなぁ~


ミュージカル「英雄」制作エイコム全国ツアー突入する

引き続い完売と観客の爆発的な呼応の中、今週閉幕するミュージカル「英雄」来る3から全国16都市全国ツアー公演突入する。3月11日昌原(チャンウォン)公演を始め浦項(ポハン)、光州(クァンジュ)、仁川(インチョン)、軍浦(クンポ)前週大邱(テグ)、城南(ソンナム)、大田(テジョン)、晋州(チンジュ)、麗水(ヨス)、釜山(プサン)など長々4ヶ月間全国16都市ツアーを進める。

特に、今回の全国ツアーは、初演後、ずっとソウル公演したミュージカル「英雄」待っていた地域の観客には朗報に違いないこれを証明するかのよう地域の公演チケットがオープンされると同時に前売り順位上位ランクされてミュージカル「英雄」観客たちの高い関心と熱気確認することができる

また、ソウル公演逃したソウル首都圏の観客のために429から57までの9日間、城南アートセンターオペラハウスの舞台を用意しいる

2009年にLGアートセンターで初演され、今年で8迎えたミュージカル「英雄は、韓国代表的な創作ミュージカルで観客たちの安定した愛を受けている今回の全国ツアーは、ミュージカル「英雄」待望する地域の観客に意味深い感動プレゼントする特別な時間になるだろう




続きを読む

アン・ジェウクからイ・ジフンまで、ミュージカル「英雄」プレスコールに出席


9日午後、ソウルBLUE SQUARE SAMSUNG CARD HALLで開催されたミュージカル「英雄」プレスコールにアン・ジェウク、イ・ジフン、チョン・ソンファ、ヤン・ジュンモ、CRAYON POP チョアらが出席した。

ks1

ks2

ks3

ks4

ks5

ks6

ks7

ks8






続きを読む

アン・ジェウク・イ・ジフン、ミュージカル「英雄」で安重根役

ahn3

安重根義士義挙を描いた創作ミュージカル「英雄」派手な出演陣注目を集めました

強靭な安重根義士のキャラクターでミュージカルファンたちの愛受けてきた元年メンバージョンソンファ氏をはじめ、俳優アン・ジェウクイ・ジフンさん新たに参加しました

ソフトなイメージは、今回の作品を通じて苦悩に満ちた独立運動家悲壮さ遺憾なく披露するという計画です

また、歌手出身俳優パク・チョンアさんヒロイン「ソルヒ役で大劇場ミュージカルに初めて挑戦します。

アン・ジェウクとイ・ジフン、ミュージカル『英雄』..反転キャスティング

ahn4

ドラマ『子どもが5人』で成功的に復帰した俳優アン・ジェウクが、次の作品でミュージカルを選択した。アン・ジェウクはミュージカル『英雄』で安重根(アン・ジュングン)役に扮す。

ミュージカル『英雄』がさらにしっかりした内容と華麗になったキャストで2017年1月18日世宗(セジョン)文化会館で大劇場で7回目のシーズンの幕を上げる。
2009年初演された『英雄』は作品性と大衆性を共に認められ、2011年にはニューヨーク・ブロードウェイのリンカーンセンター、2015年中国・ハルビンなどで公演された。

元祖韓流スターアン・ジェウクが製作会社エイコムの数年にわたった求愛の末、ついに初めて安重根役を演じる。ここに反転キャスティングがより増す。歌手からミュージカル俳優で位置づけたイ・ジフンは既存俳優らと別にソフトな美男スタイル。すでに数年前から安重根役を演じることを切実に望んで準備してきた俳優であるだけに、最近あぶらののった彼の歌の実力と演技力がついに『英雄』で真価を発揮すると期待される。

ミュージカル「英雄」安重根役にアン・ジェウク・イ・ジフン

アン・ジェウク・イ・ジフン、ミュージカル「英雄」安重根役合流...反転キャスティング

KBSドラマ子供5'成功裏に復帰した俳優アン・ジェウク次の行動ミュージカルの舞台選択したアン・ジェウクミュージカル「英雄安重根役に扮する

ミュージカル「英雄」演出ユン・ホジンプロデューサーファンボソンしっかりと内容と派手なキャストで2017118、世宗文化会館の大劇場で7番目のシーズン幕を上げる2009年に初演された英雄は、作品性と大衆性一緒に認められ2011年にニューヨークのブロードウェイリンカーンセンター2015年に中国ハルビンなどで公演された

ミュージカルのタイトルロール安重根役には「永遠の安重根」ジョンソンファが心強く席を保障する。ここ最近ミュージカル「スウィーニー・トッド」「レ・ミゼラブル」「ジキルとハイド」などを通じて認められた実力派俳優ヤンジュンモが、2010年の公演後、7年ぶりに再び戻る。

ここで元祖韓流スターアン・ジェウクが製作会社エイコムへ長年にわたる要望の末、ついに初めて安重根役を務める。アン・ジェウク特有の繊細で深い演技力は揺れて苦悩する普通の「人間の安重根」、大韓民国最高の英雄である「医師安重根」の強靭な姿と深い哲学を遺憾なく見せてくれて多くの観客の心をつかむことができると期待される。

ここで反転キャスティングが加わる。歌手でミュージカル俳優として位置づけたイ・ジフンは、既存の俳優たちと違って柔らかいイケメンスタイル。すでに数年前から安重根役を懇願し、準備をしてきた俳優であるだけに、最近の水を吸い上げた彼の歌の実力と演技力が最終的に「英雄」で真価を発揮するものと期待される。

女性主人公の孤独で切ない朝鮮女性ソルヒ役には信じて見る俳優リサ3シーズン連続でキャスティングされた歌手兼俳優パク・チョンアは、同じ配役大劇場ミュージカルに初めて挑戦する続いてミュージカル俳優チョン・ジェウン一緒にソルヒ演じる

この他にも伊藤博文役には俳優キム・ドヒョンイジョンヨル中国人少女リンリン役にはガールズグループクレヨンポップホミンジン超我イジミン一緒にキャスティングされた

一方ミュージカル「英雄」は、2017118から226まで世宗文化会館大劇場で公演される

ahn2

ahn1





ミュージカルの合間にディナーショー。。。

健康に気を付けて欲しい・・・

韓国の主要テレビ局での「アリラン」のニュース。。。

      (の横の文字をクリックすると・・・

          <<MBC>>

光復70年、歴史を歌う...小説「アリラン」ミュージカルで再誕生

光復70周年迎え小説「アリラン」ミュージカルで再誕生

MBC1

◀アンカー▶ 光復70年を迎え、日本植民地時代を扱ったミュージカルが注目されています。

◀アンカー▶ 受難の歴史の中でアリランリズムにしたのダルレトドン民衆の姿も舞台に上げられました。 

 ◀レポート▶ "学部李完用、農上部グォンジュンヒョン「 乙巳五賊が国を日本に引き継ぎ、民衆は義兵隊を組織して抵抗します。 日本のアクラルハムは極に達し、生き残るためのすさまじい闘争が継続されます。 希望が全く見えない状況でこれらをする件「アリラン」したリズム。 原作小説「アリラン」の骨格は維持しながらも庭遊びのような伝統的な色を着せ受難の歴史を淡々と解放ました。 また、主なシーンに、さまざまなLED映像を活用して没入度を高めました。 [イージー率/観客] "多様なよく解放出して大学生や若い層も反応がいいようです。" 準備期間だけで3年、製作費も50億ウォンが投入された大作です。 [高ソンウン/演出家] "アリランを通って民族の求心点を新たに見つけて。 " 5月に安重根義士の一代記を描いたミュージカル「英雄」が盛況のうちに終わり、病気の歴史のまた部分を描いた「明成皇后」も今月末公演する予定で、当分の間、歴史ミュージカル「ブームが続くと思われます。


          <<KBS >>

ミュージカルの舞台に上がった趙廷来作家大河小説「アリラン」

KBS1

<アンカーコメント> 日本植民地時代を背景に、私たちの国の受難史を扱った趙廷来作家の大河小説「アリラン」がミュージカル舞台に上がりました。制作期間だけで3年かかった大型ミュージカルです。バクデギ記者が報道します。<レポート> 旧韓末から解放まで民族の受難史を盛り込んだ大河小説「アリラン」、その長い話がミュージカルの舞台に繰り広げられました。<録音> "を思い出す。真っ白なご飯!」収穫した米を奪われ空腹に苦しんだ日本植民地時代。日本の銃刀に蹂躙された故郷に背を向け満州に残し民族の痛みが描かれます。<録音>「内部落ちる足を運んで!」<インタビュー>ノユンソン(京畿道城南市):「日本軍が女性の方に連れておいて実行可能なときは、私はすべてのウクハんですよ。 " 日本に抵抗して流す立ち上がる姿でスクヨンハムが感じられます。<インタビュー>アン·ジェウク(ミュージカル俳優): "しっかり勝って耐えただけに、この作品が肯定的なエネルギーを与えることができるきっかけになったらと思います。」<録音> 「冬は鋼鉄の虹のか!」抵抗詩人の詩を活用した暗黙的歌と大型LEDスクリーンを介して12冊の大河小説は3時間のミュージカルに置き換えられました。<インタビュー>趙廷来(小説家):「小説が試みできなかった圧縮と省略の美を最大限に生かした、作家が満足した作品になりました。」<録音> "アリアリラン」アリランの旋律と共に展開された民族の受難史、ミュージカル「アリラン」は、最も韓国的な話として、新しいミュージカルを作ったという評価を受けています。KBSニュースバクデギです。


          <<SBS>>

大河小説「アリラン」ミュージカルで再誕生

SBS1


          <<TV 조선>>

趙廷来の「アリラン」ミュージカルとして誕生

cyoson1





一部だけ垣間見た感じですが・・・

やはり・・・

行かなくて正解だと・・・私個人は思います・・・

そして、私の大切なジェウク友も同じ思いでいます・・・

ジェウクさんも日本人ファンが見に来ることを・・・

内心は・・・

ジェウクさんだけにしか・・・

わからないことだけど・・・

ジェウクさんの演技が上手であるほど・・・

辛いかも・・・

私のこの感情も否定できない・・・

でも。。。矛盾しているようですが・・・

最後まで健康で演じて欲しいとも思っています。

あの・・・昨年のルドルフの時のようなことがないように・・・

最後まで健康で



ミュージカル「アリラン」関連の記事が韓国メディアにたくさんアップされています。

全てこちらで表示しようか・・・それとも無視しようか・・・

考えて・・・考えて・・・

これもジェウクファンとしての私の歴史のひとつとしてアップして・・・

将来・・・読むことがあるか・・・どうか・・・

でも、翻訳機のままにして・・・辞書を片手に修正することは・・・しません

そこまでの意気込みが・・・どうしても生まれてきません・・・

"全国のアリラン皆聞いてみましたよ、どんなに鼻先じいんとしたのか…"

[ミュージカル「アリラン」主演アン·ジェウク·ソボムソク] 民族支社ソンスイク役引き受け」国のために私財ターン人物...受難の歴史の中でも希望を与える公演になるだろう"

2015071600225_0


              アン·ジェウク、ソ·ボムソク俳優がそれぞれソンスイクに扮した姿。

「作品の練習をしながら全国各地「アリラン」をすべて聞いてみました。鼻先がじいんとして涙が出てきましたよ。すべてを知っていた歌だと思ってたのに...。」(アン·ジェウク)「「アリラン」を呼ぶ場面だけ出るみんな疲れがシュート可視性と思われる。不思議なことでしょう!」(ソ·ボムソク)不惑超えた二人の男が真剣な表情で「アリラン」と恋に落ちる話を打ち明けた。16日、ソウルLGアートセンターで開幕する大型創作ミュージカル「アリラン」(脚本·演出とソンウン)で主役を演じたアン·ジェウク(44)とソ·ボムソク(46)である。これらの独立運動家で民族支社である主人公「ソンスイク役を演じ交互に舞台に上がる。キャリア20年以上の俳優であり、第1世代韓流(韓流)スターアン·ジェウクは、最近「太陽王」「皇太子ルドルフ」のような大規模なミュージカルで主演を引き受けたミュージカルスターでもある。彼が出演する日には、中国·日本の女性ファンたちがロビーにどっと押し寄せる。彼は今年の初め「アリラン」出演提案を受けて、「ああ、一度みたい」という思いが聞いた。「これまで私も知らないうちに自分自身を「都会的で洗練されたイメージ」と思っていたんです。俳優としてのキャラクターは、その自分で作っていくものだね。」ところが、アン·ジェウクが先月初めミュージカル俳優チェ·ヒョンジュ(35)と結婚することになって練習日程が結婚準備期間と重なるようになった。心配していることを気づいた花嫁が気丈に語った。「兄、後で後悔しないでそのままです!私はすべてを理解するよ。」新婚旅行を延期し、実際に飛び込んだ時に妻が妊娠している傾斜が生じた。数多くのミュージカルや演劇で主役を演じてきたソ·ボムソクは最近になって板歌い手に出てきた「西便制」、慰安婦問題を扱った「コトシン」、世宗大王役を引き受けた'根が深い木」など土俗または民族的な役割で有毒多く出演した。「私がちょっとそうです。子供の頃から他の人がナイキの靴を見つけると、私はゴム靴履いて望んでいたが、今でもポップソングよりパンソリや庭遊びが引かれた。 " 偶然日本植民地時代の映画「アリラン」を監督したナ·ウンギュの写真を見たりびっくりしたが、目を見開いた姿が自分とあまりにも似てだったした。


2015071600225_1


 ミュージカル「アリラン」の主人公ソンスイク役を演じたアン·ジェウク(左)とソ·ボムソクは「希望のエネルギーを伝える音楽」と述べた。




取材陣の質問に答えるアン・ジェウク

NISI20150716_0011177035_web


16日午後ソウル江南区(カンナムグ)LGアートセンターで開かれたミュージカル'アリラン'プレスコールに参加したアン・ジェウクが取材陣の質問に答えている。

俳優アン·ジェウク「私の運命のように近付いたミュージカルアリラン」

article


articlea



articleb



articlec


articled


articlee



以下は画像のみで・・・

1437032231252


NISI20150716_0011177009_web


NISI20150716_0011177010_web


NISI20150716_0011177011_web


NISI20150716_0011177022_web


NISI20150716_0011177006_web


NISI20150716_0011177052_web


NISI20150716_0011177041_web


1437031507_943930


1437035819_944011


1437035860_944012


1437035704_944007


2015071601001427400102371


2015071601001425200102211


20150716161921_55a75af9bc4f4_1


1437032347176


20150716180357_55a7737d06bdd_1



20150716175403_55a7712b779a1_1



まだたくさんあるけれど・・・

ちょっと疲れたので



このページのトップヘ